オフィス移転でやること

賃貸や諸事情によりオフィス移転をする場合があります。その時には、必ずやらないといけないことがあります。まずは、移転先を公表しておくことです。そして、出来れば移転後も一か月ほどはその場所に住所や連絡先を掲示しておければ一番いいです。そして、最近はホームページやチラシによって広報活動をしているため、そのような方法でやるのも手です。そして、引越しに関しても手続きなどが必要です。オフィスで一番使うのが電話です。できればそのままの番号を維持できるようにしておいたほうがいいです。それに加えて、賃貸の場合契約の仕方によって手続きが必要になります。そして、備品なども持っていったり整理しないといけないので、引っ越し業者が入る前にある程度まとめておく必要があります。特に書類関係は、きちんと管理していないと移転先ですぐに事業は始められません。

オフィス移転をスムーズに行う

オフィスを移転する場合は段取りがとても大切です。段取りをいかにするかで、スムーズにできるかどうか決まります。行うべきことを紙に書き出すなら、助けになります。最初に行うと良いのは、不要物の処分です。数年使用していないものは処分します。資料やデータなども必要のないものはシュレッダーにかけて、破棄するようにします。こうしたことにより、荷物を減らすことができます。そして必要なものをダンボールに詰めていきます。ダンボールには内容物を明記するようにします。そうすればどこに何が入っているのか、わからなくなることを避けられます。オフィス移転の後はできるだけはやく、通常の業務に戻れるようにしましょう。そのためには、すぐ使用するものは特に目立つ印をつけておきましょう。またオフィス移転のお知らせを張り紙やメールでお知らせすることも忘れてはいけません。

オフィス移転に必要なものは

オフィス移転を考える時に、どうしても計画立案などや業者との折衝、契約関係の確認、手続きなどに意識が集中してしまい他のことに手がまわりません。そうなってしまうと、荷物の搬入、搬出という意味で引越しの部分がおろそかになってしまいます。移転日当日に大きなトラブルやミスがなんども起きてしまう場合が少なくはありません。そこで、必要な物とは何かを考えていきます。まず。オフィスを引っ越す準備として、用意をしておきたいことは、移転作業段取り会です。移転が決まると、会社内があわただしくなり、移転担当者も業務に追われてしまうために、段取り会の時間を確保することは難しいです。しかし、社員への通達を不十分なまま、作業などが始まってしまうと、正しい場所に搬入物が届かない、期日に作業が完了しない、などのトラブルが続いてしまいます。そのため、オフィスの引越しの時には、約一ヶ月を目安にして、移転のための、段取り会を開いておくことが大事になってきます。内容は、スケジュールや作業内容をマニュアル化すると、作業効率がスムーズに進みます。

これからますます発展されます企業様のために、活気あるオフィスデザインを多角的に提供いたいしております。 働くだけじゃない、来客者への配慮を兼ねたスペースを計画します。 経験豊富なコンサルタントがお客様のご意向と条件を伺い最適な環境構築いたします。 リニューアルにも新設にも幅広くお手伝いいたします。 物件探しからお任せください!ゲストのおもてなしとスタッフが効率良く働けるスペースをつくります。 オフィス移転はフロンティアコンサルティングへ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*